カマグラゴールドで最強のナイトライフを実現!   >   ED(勃起不全)のメカニズム

ED(勃起不全)のメカニズム

男性の象徴

ムラムラする、セックスはしたい、なのに勃たない。
加齢や疲労が原因と考えられがちなED=勃起不全ですが、陰茎の海綿体への血流がスムーズに行われないために起こります。

海綿体に血液が流れ込んで血管が拡張し、筋肉組織が膨れ上がるのが勃起という状態。
血管が狭くなっていたりつまりかけていると、血流は阻害され勃起には至りません。

また、通常であれば性的刺激によって「環状グアノシン一リン酸」という成分が分泌されることで血流が促進されますが、これを妨げるPDE-5という酵素の分泌が過剰だったり狂っていたりするために勃起が生じないという原因もあります。
EDは身体的な要因が大きく、年齢に関係なく若い男性にも悩んでいる人はたくさんいます。

もちろん、ストレスや不安などの心理的な原因によってEDが起こる場合もあります。
そもそも性欲を感じない、セックスについて心配やトラウマがあるというケースだと、身体機能は正常なのでED治療薬では改善されにくいでしょう。

EDの具体的な症状としては、

・性的興奮はあるのに勃起しない
・一時的に勃起してもすぐに収まってしまう
・勃起しても十分な硬さにならない

など、まったく勃たない重度の症状から勃起が持続せずに性交渉ができないという軽度EDまで、現れる症状には個人差があります。

EDは体調不良のひとつなので、仕事に支障をきたしたり命をおびやかすものではありません。
しかし、パートナーとの関係に悪影響が出るのは確実ですし、「セックスしたいのにうまくできない」という不安やストレスが大きな精神的ダメージとなることも。

EDかもと気づいたら、早めに対処することが大切。必要な治療や投薬を行うことで改善できるので、悩んで先延ばしせずに自分の体を向きあいましょう。

Copyright(c) 2018 カマグラゴールドで最強のナイトライフを実現! All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com